ケノンvsトリア

脱毛エステサロンを検討されている方でも、自宅で脱毛できる家庭用脱毛器も気になっているのではないでしょうか?

今回は、脱毛を検討されている方に参考になればと、3つの有名脱毛エステサロンと家庭用脱毛器ケノンとトリアを比較してみました。

ケノンとトリアは全身脱毛が可能ですので、脱毛エステサロンも全身脱毛のプランで比較しています。

全身脱毛で比較した3つの脱毛エステサロン

脱毛サロンのイメージ

  Dサロン Kサロン Mサロン
脱毛箇所 全身48カ所 全身33カ所 顔以外全身
月額料金 1,990円 9,500円 月額なし
回数料金
/6回
109,760円 114,000円 126,000円
シェービング代金 自己処理 1,000円 0円
通うペース 月1回 2ヶ月に1回 1〜3ヶ月に1回

(2017.03時点)

価格だけでみるとD脱毛エステサロンの1,990円が魅力的に思えますが、1回で全身48カ所ではなく『※1ヶ月で4カ所お手入れし、12ヶ月で48カ所のお手入れ』というプランになっています。
全身のムダ毛を処理するには、12ヶ月では到底無理ですね…。よく考えれば、月1,990円で全身脱毛の経営は成り立たない。

次に、K脱毛エステサロンは、1回の施術で全身可能です。ただし、通うペースは2ヶ月に1回のみ。気長に1〜2年通うプランです。若干気が遠くなります。。

最後にM脱毛エステサロン、顔脱毛ができないのがネック。月額プランがないので学生さんにはきついかも。ただ、追加料金もないですし回数プランだけの方が料金設定が分かりやすくていいですね。ちなみに1回だと42,000円なので、初めから回数を増やしたプランを選ばれるとお得です。

回数6回プランで比較した金額では、109,000円〜125,000円。
脱毛効果が満足できる状態になるには、やはり6回くらいが目安になってきますので、ある程度高額になってしまいます。

脱毛器ケノンとトリアの比較

脱毛器ケノン

  ケノン トリア
脱毛方法 フラッシュ式 ダイオードレーザー
価格 69,990円 54,800円
分割 3,000円〜 なし
本体 据え置きタイプ ハンディ型
重量 120g(持ち手部分) 584g
照射レベル 10段階 5段階
カートリッジ 4種類 なし
電源 コンセント式 充電式
最高照射回数 1カートリッジ
LV1 20万発
1充電
LV1 約1000発
顔脱毛 目、唇以外 鼻より下
使用ペース 2週間に1回 2週間に1回
保証 1年間無償修理保証 1年間無償修理保証
品質 ISO9001取得 FDA認可

全身脱毛なら何回できるのか?

ケノンなら、1カートリッジレベル1で20万発。公式ガイドでは全身285周分。しかもカートリッジ3つ付き。

トリアなら、1回充電レベル1で1000発。充電500回可能なので50万発。
公式ガイドでは、鼻の下+ワキ+ビキニライン+太もも+膝下=3015発。全身ならその3倍と仮定して9075発。50万÷9075=55。
レベル1なら全身55回分ということに。

ケノンに比べてトリアの55回は少なく感じますが【光脱毛のエステサロンでも6回で効果が期待できる】のに比べて、医療用レーザーと同等の効果があるといわれているトリアで、55回は十分すぎる回数といえます。

ケノンとトリアの痛みについて

ケノンのフラッシュ脱毛の痛みは、パチンとゴムではじかれた程度。といってもほとんど痛みを感じないところの方が多いです。
広範囲でスピードも早く痛みもほとんど感じにくいので、ストレスが少ないのが特徴です。

レーザー脱毛トリアの痛みは、フラッシュ脱毛に比べて、正直痛みはあります。ただし、レベル1〜2なら痛みは本当に少ないですし、レベルを上げてもガマンできないような痛みではありません。
しかし、男性のヒゲのように濃く太い毛の場合は、毛根にズキンと針を刺すような痛みが走ることもあります。
毛根へのダメージが強い分、短い期間に満足いく効果が期待できるのが特徴です。

当サイトの男性ライターTOMAの『トリアヒゲ体験レビュー』『ケノン体験レビューメンズ編』があります。男性の方はお時間のあるときにご覧ください。

価格と時間で比較すると?

全身脱毛で考えた場合…脱毛エステサロンなら、通うペースは1〜2ヶ月に1回として、脱毛に満足するまでにかかる時間はおよそ1年〜2年。価格は6回プランで計算すると、約110,000円〜125,000円。

家庭用脱毛器なら、照射ペースは2週間に1回として、脱毛に満足するまでにかかる時間は半年〜1年。価格は約50,000円〜70,000円。

価格と期間で比べると、脱毛器ケノンとトリアが圧倒的に有利ですね。価格については、時期によって変動しますので、キャンペーン中に購入されることがおすすめです。
とくにトリアは、10,000円オフになるキャンペーンコード付きページから購入してください。
こちらのビアンカビューティーサイトでは、公式サイトのキャンペーンコード付きページへご案内するようになっています。私の『トリア4X体験レビュー』から公式サイトへ繋がりますので、一度ご覧になってみてください。

ケノンの価格は、現在は変動していません。10,000円下がるキャンペーンなどもありません。ただし、プレゼント内容が変わりします。クーポン券やカートリッジが付いてきたりと何かと常にお得になっています。公式サイトなら、いつ購入しても損をしたと思われないプレゼント内容になっていますので、購入時期に関しては気にしなくても大丈夫です。
こちらも私の『ケノン体験レビュー』ページから公式サイトへ繋がりますので、確認してみてください。

ケノンもトリアもメーカー価格からさらに安く購入できるので、よりコスパ勝ちになりますね。

脱毛エステサロンとケノン&トリアの比較まとめ

初めての脱毛で不安に思われる方なら、脱毛エステサロンに通って実際にフラッシュ脱毛を体験してみるのも良いかと思います。
まずは、体験してからでも遅くありません。ネックは勧誘されたり、断るのが申し訳ないということ…。あとは、勇気です(笑)

ただ、脱毛状態に満足してサロンに行かなくなっても、しばらくするとまた毛が生えてきてしまうので、どのみち家庭用脱毛器が欲しくなってきます…。
なぜなら、そのときはすでにサロンへ通うほどの毛量や太さではないので、自宅で処理できる脱毛器ケノンやトリアが欲しくなるのです。
私の場合も、最初は脱毛エステサロンに通ったのちに、ケノンを購入しましたのでよく分かります。

ケノンかトリア、どちらを購入したらいいの?

私の体験してみた感じでは、広範囲の全身脱毛にはケノン。

ワキ、Vラインなど気になる箇所を集中的に処理したいならトリア。

とくに初めて脱毛される方なら、ケノンをおすすめします。
痛みも少なく、広範囲に照射でき、顔全体に使えてスキンケアもできます。それに、日本製なのでサポートも優しく安心です。

トリアは初めての方には、痛みの度合いが心配なのでフラッシュ脱毛経験者におすすめ。
フラッシュ脱毛で満足できなかった方にも効果が実感しやすいと思います。

脱毛ケアは、思い立ったが吉日!
毛周期があって効果がでるまでに時間がかかってしまうので、薄着になる前が一番効果的なのです。

ムダ毛のコンプレックスは、必ず克服できます!

私もクマ子と言われコンプレックスだったムダ毛とさよならできたのは、フラッシュ脱毛のおかげ。今では「ムダ毛なくていいね、つるつるじゃん」なんて言われます(笑)

結論、家庭用脱毛器はあったほうが絶対いい。

そろそろ、ムダ毛で悩む日々とさよならしませんか?