男性も30代に入ったら、体の体臭をちゃんとケアしていないと臭います。

これをミドル脂臭(ミドルししゅう)と呼び、加齢臭と汗臭がミックスして襲ってくるので、タチが悪いもの。

しかも、ミドル脂臭は自分自身では気づきにくいので、奥さん、彼女から突然「臭うよ」「臭いよ」と言われかねないのもネックとなります。

そんな30代の男性が気をつけたい体臭の原因となるミドル脂臭についての詳細と、対策用と使えそうなオススメのボディソープ(モニター品)もあわせて紹介します。

ミドル脂臭の原因は「ジアセチル」

汗臭は10代半ばからスタートして主に脇のにおいが中心となりますが、30代も後半に入ってくると後頭部から発生するミドル脂臭が中心となってきます。

これが臭いらしいんです。ホント・・・。

そして、この不快な脂っぽい臭いである「ミドル脂臭」の原因は、頭部とその周辺から発生するジアセチルであることを、GATSBYやLUCIDO(ルシード)で有名なマンダムさんが独自の研究結果として発表されました。

参考「マンダム、ミドル男性に発生するニオイ成分を特定

近年は「〇〇ハラスメント」という言葉が流行っていますが、においに関しても同様で、「スメハラ(スメル・ハラスメント)」という言葉があります。

つまり、個人の体臭が周りの人の迷惑になることが常識となっている所を見ても、体臭を気にすることはビジネスマンはもちろん、30代に入ってきた男性の基本的なマナーの一つと言えるので、30代にはいった男性であれば、自分には関係ないとは思わない方がいいと思います。

間違った認識!香水は臭い消しにはならない!

体臭を気にする方が増えているからこそだとは思いますが、香水や、臭い消しのスプレーが沢山販売されています。

香水は「悪臭成分を化学反応によって臭いを隠そうとする方法」となりますので、香水で臭いを隠そうとしても嫌な臭いの根本、原因成分が消えているわけではありません。

その為、嫌な臭いと香水の香りが混じり合ったままになりますから、周りにいらっしゃる方は余計に不快なままとなってしまいます。

香水を使用して良い香りを漂わす男になるためには、まずは体から不快な臭いがしていないフラットな状態を作ることが重要なのです。

オススメなのは【臭い対策用】のボディソープを使うこと

実は自分は、少し前まではなるべくボディタオルは使用せずに、固形石鹸を手にとって体を洗っていました。

しかし、ある時、奥さんから「ちょっと臭うかも」と言われたのです!

「これはヤバい!」と思った私は、ボディタオルを使って近所のドラッグストアに売っている臭い対策用のボディソープを使って週に一回以上、その他の日は固形石鹸を使って体を洗うようになりました。

1ヶ月もすると、「臭い」はすっかり無くなってくれたようで不快な思いを奥さんにさせることもなくなったのですが、他にお会いしていた人にも不快な思いをさせていたかもしれないと思うとぞっとします。

※体臭に関しては、加齢のためだと諦める必要はないんですね。

私はこの臭いを加齢臭だとあきらめかけていたんですが、ちゃんと体臭ケアの効果を期待できるボディソープを購入してケアしてあげる事で、フラットな状態に戻す事も出来ちゃうわけです。

  • 頭からは油のような臭い
  • 体幹からは草のような臭い
  • 脇からはお酢、スパイスのような臭い

など・・・、臭いに対する悩みは人それぞれですが、専用のボディソープを使用すればある程度臭いをケアできるかと思うので、もし臭いが気になっている方で殺菌・消毒効果があるようなボディソープを使用したことがない方は、一度試してみることをお勧めします。

ちなみに私が今使っているのはデオシークのボディソープ。

使い心地はさっぱりとしていて、普段使っているものと変わりもないですし、デオドラント効果とスキンケアにこだわって作られた医薬部外品(効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されているもの)となりますので、効果も期待できます。

もっとケアをしたい方については、ボディケア用のサプリメントやクリームも同時に販売していますし、永久全額返金保証なんかもついていますので試してみて損はなし。

現在夏場と言うこともありまして、在庫切れが行っているみたいですから気になった方は、在庫の確認だけでも行ってみてください。

 

デオシークの在庫を確認してみる

なお、毛深さと臭いについての因果関係は不明ですが、個人的な感覚では脱毛を始めてからというもの「肌が清潔な状態になっている=臭わない」ような気がしています。

体臭ケアと共に脱毛についても行いたい方については、私も全身脱毛に挑戦しているケノンについての口コミを併せてチェックしてみて下さい。