- PR -

ちゅらトゥースホワイトニングの広告

トリアパーソナルレーザー脱毛器4X、プレシジョンは男女ともに使用できる脱毛器になっており、ひげの脱毛に使うことも可能です。

パーソナルレーザー脱毛器4X

トリアのサポートセンターの方に確認をしてみると女性が8割、男性が2割程度使用されている脱毛器とのこと。

そんなトリアの「パーソナルレーザー脱毛器4X」と「プレシジョン」をモニターさせてもらいましたので比較をしつつ口コミを紹介します。

矢印トリアの公式サイトを見てみる

トリアでひげの脱毛は可能ですが、場所によって「痛み」があります!

自分の場合は、それほど毛が濃いわけではない(男性の中では薄い方)ので脱毛器を使用する必要もなかったりするのですが、顎ひげ周辺に「飛び飛びで生えてしまっているムダ毛」を処理する時間が前々から無駄だと感じておりました。

そこで今回は、その顎ひげ周辺の部分をトリアで脱毛してみた感想を紹介します。

他の脱毛箇所と比べて、ひげは毛も太くて、毛の色も濃い部分となりますし、フラッシュ脱毛よりも「痛い」とは聞いていたのですが・・・、実際はどうだったのでしょうか?

パーソナルレーザー脱毛器4X

と、その前に、トリアを含めすべての脱毛器を使う前に共通する確認しておきたいポイントとして、これから脱毛しようとしているところは脱毛対象部位に入っているかどうかは確認しましょう。

ひげの脱毛はトリアのパーソナルレーザー脱毛器4Xの脱毛対象部位「顔の下半分(鼻より下部分)」になっていますので使うことは可能です。購入される脱毛器によっては脱毛できる部位が違ってきますので、脱毛対象部位に入っているかは必ず確認しておきましょう。

※ここから先の口コミは、トリアパーソナルレーザー脱毛器4Xを使ってみた感想となります。

トリア4Xで初めてひげにレーザーを照射した感想

さて、ちゃんと説明書を読んだつもりで、出力レベルを最低の1から顎ひげの脱毛に挑戦してみたのですが・・・最初は「うわ!」と驚くくらいの熱さと痛みを感じました。

使用前に軽く冷やしただけで照射したことと、少しひげが伸びてきていた状態で照射してしまったことが痛みの原因。剃りたての肌は弱っているので多少時間を置いた方が・・と思って時間を置きすぎたという単なる失敗です。その結果、ひげの毛の部分(黒い箇所:メラニン)にレーザーが照射されるので痛みを感じてしまったのだと思います。

男性のみなさん、ご注意ください(笑)

パーソナルレーザー脱毛器4Xの充電器と説明書(充電コードと説明書の箱)

さて、そんなトリアですが実際にひげをちゃんと剃って、冷やした状態で試してみると・・・飛び飛びで生えているような顎ひげ周辺では痛みはそれほど感じませんでした。

たまにチクッした痛みや熱さを感じる事がありましたが耐えられないほどではありません。と言っても自分が試したのは出力レベル2までですが・・・。※痛みに弱いので。

毛根(黒い部分)が密集している鼻の下であったり、下唇の下、顎鬚の部分に照射した場合には痛みは結構あるかと思いますが、まばらな部分で出力レベルを大きく上げることがなければ痛みはそれほどありません。

最初に痛みを感じたのは「試しに・・・」と顎ひげが密集している部分に照射したからです。口コミなどを見ていると男性は、どれどれ・・・と軽い気持ちで照射してしまって痛みを感じてしまう方が多いみたいなので、ちゃんと手順を踏んで脱毛を行うようにした方が良いかと思います。

トリアパーソナルレーザー脱毛器4Xの使い方が簡単すぎるので・・・説明書を読み飛ばしたくなる気持ちもわかりますが、安全面を考えてもしっかりと読み込んでから使いましょう。

パーソナルレーザー脱毛器4Xの充電器

それではここからは、そんなトリアパーソナルレーザー脱毛器4Xの使い方を紹介していきます。

トリアパーソナルレーザー脱毛器4Xの使い方

パーソナルレーザー脱毛器4Xの説明書

トリアパーソナルレーザー脱毛器4Xの中にはクイックスタートガイドという冊子がはいっているのですが、確かにクイックでスタートできるくらい操作は簡単。
パーソナルレーザー脱毛器4Xのクイックスタートガイド

本体の上の部分にあるボタンを押すことで電源がはいります。というか、トリアパーソナルレーザー脱毛器4X本体にこのボタン以外ありません。

パーソナルレーザー脱毛器4Xの使い方

照射レベルはボタンを押すたびに高くなります。最初はレベル1となっており、5段階でレベルを上げていくことができます。

パーソナルレーザー脱毛器4Xの使い方

画面の右上には充電率。その下にある数字は照射した回数となっています。

ボタンを長押しにする事で電源はオフとなりますが、一定時間放置しておくだけでも電源は勝手にオフとなります。

つまり、トリアの使い方としては照射レベルを選び、肌にあてるだけとなります。

 

トリアパーソナルレーザー脱毛器4Xを使用するにあたり注意する事

ここでは、トリアの使い方はわかったけど、脱毛を開始する前に知っておいた方が良い情報や準備について紹介します。

脱毛前に行っておきたい確認は、簡単な流れでお伝えすると以下の通りです。

  1. 肌の色をチェックする(黒すぎると使えません)
  2. 脱毛部分が対象部位に入っているか確認
  3. 切り傷や日焼け等、肌にダメージが無いかを確認
  4. 少なくとも1日前にテスト照射をして様子を見る
  5. 肌を洗いひげ(毛)を剃り、水気をしっかりとふき取る
  6. 脱毛前、脱毛中、脱毛後に冷却できるものを用意してトリアを使って脱毛する

一つずつ紹介していきます。

1.肌の色をチェックする

まず最初にトリアを使用できる肌かどうかのチェックが必要です。

特に男性の場合、外回りが多い方ですと日焼けしやすいかと思いますので注意しましょう。

といってもトリアパーソナルレーザー脱毛器4Xの公式サイトに載っている「対象となる肌の色」を見る限り、日焼けサロンでがっつりと焼いている方でない限りは使用しても問題はなさそうな感じはします。

2.脱毛しても良い部位か確認+肌のダメージの確認

続いて使用する脱毛器が、自分が脱毛したい部分に使ってよいかどうかの確認。

トリアは眉毛などの顔の上半分に入る場所は脱毛ができないのですが、下半分(ひげ部分)なら可能

デリケート部分も使用を控えた方が良いとサポートセンターの方に言われましたので、「ほぼ全身」に使える脱毛器ではありますが、一定の注意は必要となりそうです。

また、切り傷があったり日焼けをしている部分に照射してしまうと肌トラブルの原因となりかねませんので、脱毛したい場所をしっかりと確認をしましょう。

3.使い始める前にテスト照射で肌に合うか確認を行う

トリアを初めて使われる方にはテスト照射を推奨されています。

テスト照射を行った場所を24時間後に確認し、肌に異常が出なければ自分にあった出力レベルで照射を開始していく流れとなります。

ご自身が耐えられる最大の出力レベルで脱毛を続けていかれるようにしましょう。

当然ですが、切り傷や日焼けなどのダメージを肌が追っている場合には使えません。

自分はトリアを長く使ったわけではないので効果についてはわからない部分がありますが、長く使用された方の口コミを見る限りは出力レベルを低い状態で続けていっても効果を実感しづらいようなので、耐えられる出力レベル・・・というのがキーポイントになりそうな気がします。

4.肌を洗いひげ(毛)を剃る。水気をふき取る

これは自分がミスを犯したものになりますが、ちゃんとひげを剃った状態で脱毛をスタートさせる用意しましょう。

また水気をしっかりとふき取っておかないとトラブルの原因となりますので注意しましょう。

 

トリアを使用する頻度は毎日なのか?

男性だと頻繁に脱毛器を使わないといけないとなると面倒に感じる方が多いかと思いますので、使用する頻度について紹介しておくと、1度脱毛を行ってから2週間あけるのが良いとのこと。

なので1ヶ月に2回トリアをしようしてひげの脱毛をしていけば良いってことですね。

出力レベルにもよりますが、1回で効果を実感する人もいれば、複数回必要な方もいらっしゃるようなので、このあたりは個人差がありそうです。

 

トリアパーソナルレーザー脱毛器4Xとプレシジョンの比較、男のひげにはどっちが良いの?

トリア脱毛器の購入を考えてはいるけど、トリアパーソナルレーザー脱毛器4Xとプレシジョンはどちらが良いのか?と悩まれる方もいらっしゃると思いますので比較してみます。

トリアプレシジョン

トリアプレシジョンプレシジョンの使用方法等はトリアパーソナルレーザー脱毛器4Xと、それほど変わりません。ボタンを押すとランプが光り、出力レベルを3段階で調整しながら肌にあてるだけです。

トリア4xとトリアプレシジョンの比較

本体を比較してみると、大きさは結構違うことがわかりますね。

以下は気になるところを比較表にしてみました。

  トリア4X プレシジョン
脱毛
箇所
  • 口周り
  • ワキ
  • 肘から手首
  • 膝下
  • 口周り
  • ワキ
  • ビキニライン
連続
使用
時間
30分 15分

出力
レベル

5段階 3段階
重さ 584g 200g

他にも価格などの比較もしたほうが良いかもしれませんが、個人的に抑えておきたいポイントは上記のとおり。

ひげの脱毛であればどちらの脱毛器でも使用は可能という点。

トリア4xとトリアプレシジョンの比較

照射範囲は変わりがありませんが、出力レベルが5段階と3段階という違いがあります。このプレシジョンの出力レベルの3段階は、トリアパーソナルレーザー脱毛器4Xの2~4段階の出力レベルになっています。

つまり最高出力であるトリアパーソナルレーザー脱毛器4Xの5は、プレシジョンではできないという事ですが・・・最高出力は痛みも強烈になりますから使用しなくても問題はなさそう。

あとは連続使用時間。ひげだけであればプレシジョンの15分でも問題ありませんが、他の部位にも使いたい!と思われているようでしたら、より連続時間の長いトリアパーソナルレーザー脱毛器4Xを使われた方がよさそうです。

トリア4xとトリアプレシジョンの比較重さに関しては実物を見た方が良いかと思いますので、東急ハンズやソニープラザが近くにあれば行ってみてください。だいたいの店舗ではサンプルが置いてあるとのことですから、手に握った感触やデザインはもちろん、重さを確かめられます。

以上の点をまとめますと、ひげの脱毛を行うためにトリアの購入を検討されているのなら「プレシジョン」が個人的にはオススメかと思います。

 

30日間の返金保証について

ちなみにですが、トリアの脱毛器に30日間の返金保証がついています。

購入より30日以内であれば、いかなる理由であっても返金を申請できるというサービスです。

  • 肌に合わなかった
  • 痛かった
  • 使いづらかった

などでも返金をすることは可能とのこと。

使用状況等によっては返品・交換ができないケースもありますから、返金してもらう可能性がある方は、使用する前に必ず返金保証の条件だけは確認しておきましょう。

なお、トリアには2年間の保証がついていますので、製品に欠陥があった場合には2年以内であれば無償で修理や交換もしてもらえますので、これも安心です。

 

まとめ

トリアパーソナルレーザー脱毛器4Xを中心に、プレシジョンとの比較についても紹介させてもらいましたが、いかがでしたでしょうか?

今回両方の脱毛器をモニターさせてもらったことによって、重さであったり使い心地をしっかりと比較しながら試すことができました。

結論としては「ヒゲの脱毛」を中心としてお考えであれば「プレシジョン」を使われたほうが良いのかな?という印象です。

もちろん、複数回、ある程度の期間を使ってみないと効果などはわかりませんが、簡単な操作になっていたのは面倒くさがりな自分にとっては好印象でした。

男性で、ヒゲの脱毛をお考えの方は、ぜひトリアの公式サイトをチェックしてみてください。

矢印トリアの公式サイトを見てみる

女性の方で「トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X」の口コミをご覧になりたい方は「トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X(tria)を体験してみた口コミ!」をご覧になってみてください。