- PR -

ちゅらトゥースホワイトニングの広告

ニューヨークからの贈り物のピンクネックレス

肌に輝きをプラスしてコンプレックスを味方に

今回、「ニューヨークからの贈り物」様よりピンクネックレスという商品を取り上げてほしいという事で、ご提供いただきました。

そこで、スキンケアとは関係ないように見えて実は同じくらい肌と関係が深いジュエリーのお話と共に、ピンクネックレスの魅力について紹介したいと思います。

ファッション性を高める大ぶりなアクセサリーとは違い、素肌に輝きを映すジュエリーは、何もつけていない素肌と比べ数倍も肌を美しく見せてくれます。

シミ、くすみ、シワ、たるみの悩みが出てくるアラフォー世代にとって、ジュエリーは美容液と同じくらいコンプレックスに対抗できる大切なアイテム。

でも実は、コンプレックスのある肌は、ジュエリーが似合う肌でもあります。

年齢を重ねた肌だからこそ、品良く輝いて肌に馴染み、さらにクオリティが高く見えます。

私は、メイクをしない日もジュエリーだけは身に付けます。その際は、小さくても輝きがある石が付いたものを選んでいます。
光の反射で、カットされた石が輝き、その輝きが素肌のくすみや欠点をカモフラージュしてくれるのです。

顔まわりや首元が輝いていると、とっても華やかですし、顔色がワントーン明るくさえ見えます。たとえヘアスタイルが決まらなくても、ジュエリーを付けるだけでおしゃれな印象を与えてくれるので欠かせないアイテムです。

顔まわりや首元は石の付いたものがおすすめですが、ダイヤモンドだと高価なので気軽には手がでませんし、普段付けするにはちょっと気が引けます。

そんな時におすすめしたいのは、CZ(キュービックジルコニア)。

私が持っているキュービックジルコニアは、約15年ほど前にニューヨークから個人輸入で購入したものですが、今でも愛用しています。

一見ダイヤモンドと見間違うほどのクオリティで付けているとショップ店員さんから「どこのブランド?」と何回か聞かれたことがあるくらいです。
お値段は2〜3万ほど。本物のダイヤモンドなら10倍のお値段ですが、カジュアルにつけるものなのでクオリティ的にも大満足。
ちなみに、ガラスで有名なスワロフスキーのアクセサリーも好きでいくつか持っていますが、こちらのキラキラも素晴らしく、付けていると「かわいい!どこの?」と聞かれます。

キュービックジルコニアもガラスも大切なのは、カットと材質のクオリティ。そしてデザイン。
それらがマッチしつつ手に入るお値段なのが魅力だと思います。

ニューヨーク直送のハイセンスジュエリー

今回「ニューヨークからの贈り物」様よりご提供いただいた
『ピンクネックレス』もその名の通り、ニューヨークからの直送ジュエリー。

ニューヨークからの贈り物のピンクネックレスニューヨークには、私が購入した15年も前からダイヤモンドと非常によく似た人造石を用いたジュエリーがあり、ハリウッドでは映画撮影にも使われ、肉眼では天然のダイヤモンドと区別がつかないほど精巧です。

ニューヨークからの贈り物のピンクネックレス

「ニューヨークからの贈り物」で扱うキュービックジルコニアは、米国の科学、鉱物学の科学者によって開拓されたシュミレィテッドダイヤモンドといわれるもの。
硬度、比重をはじめとする条件が天然ダイヤモンドと大変似ており、肉眼では天然ダイヤモンドとの区別をつけることができず、現在ニューヨークでは、選別に専用の機械が使われるほどです。

ニューヨークからの贈り物のピンクネックレス

ピンクの可愛らしい色合いは、より女性らしい印象を与えてくれますし、動くたびにキラッと輝くクオリティの高いカットは華やかでありながらとても上品です。
そして、コーディネートを選ばないシンプルなデザインは日常使いに最適です。

ニューヨークからの贈り物のピンクネックレス

まさに天然ダイヤモンドと見間違うようなニューヨーククオリティの魅力が詰まっています。

ニューヨークからの贈り物のピンクネックレス

あまり日本では知られていないニューヨークのシュミレィテッドダイヤモンドジュエリー、ご興味を持たれた方は一度ご覧になってみてください。
シンプルで洗練されたデザインが多くありますので、見ているだけでも楽しいですよ!

czjewelry8_newyork

 

普段使いに、気負わずカジュアルだけど美しく魅せてくれるジュエリーは女性の必須アイテム。

ブランドにとらわれず、自分だけのお気に入りジュエリーを見つけてくださいね!

 

販売ページの紹介

ピンクネックレス
15,800円〈送料無料〉

※CZとは(C)キュービック(Z)ジルコニア、人造石のことです。

※あくまで個人の感想となります、その効能・効果を保証するものではございません。ご理解のほどよろしくお願いいたします。