- PR -

ちゅらトゥースホワイトニングの広告

どうも、TOMAです。

イオンエフェクター(EH-ST31)を使ったら鼻の毛穴が小さくなってきました。びっくりです。

イオンエフェクター(EH-ST31)

パナソニックが販売する「導入美容器イオンエフェクター(EH-ST31)」を、肌荒れに少々悩んでいた奥様が購入したので、ついでに自分も使わせてもらっているのですが、
想像していたよりも肌がキレイになっていっているので使用した感想を紹介したいと思います。

イオンエフェクター(EH-ST31)の紹介!軽くて使い易い!

それではまず、イオンエフェクター(EH-ST31)が届いたところから紹介してみたいと思います。

イオンエフェクター(EH-ST31)の取り扱い説明書

箱を開けると、取扱説明書が入っていました。美容家電は必ず説明書を読んでから。

イオンエフェクター(EH-ST31)の中身

中には、イオンエフェクター(EH-ST31)本体と、電源コード、コットンリングがはいっています。

イオンエフェクター(EH-ST31)

箱から取り出してみました。片手サイズの小さな家電は片付けるのがラク。

イオンエフェクター(EH-ST31)の保護キャップ

イオンエフェクター(EH-ST31)のチタン素材でできたトライアングルヘッドには、保護キャップがついています。

イオンエフェクター(EH-ST31)のトライアングルヘッド

こちらがトライアングルヘッドのチタン素材の部分です。

イオンエフェクター(EH-ST31)のモード

操作パネルはとっても簡単。

上のボタンがイオンレベル(強・中・弱)を変更するスイッチ、下のボタンが電源とモード選択(スキンクリアと保湿)です。

電源を入れると、設定状態の文字が青色に光ります。

イオンエフェクター(EH-ST31)のイオンパネル

こちらが持ち手の部分についているイオンパネルです。

このイオンパネルに手を触れ、トライアングルヘッドを肌にあてると「振動する仕組み」になっています。

 

なお、どんな美容家電もそうですが、使い始める前に必ずパッチテストを行いましょう。

今回のイオンエフェクターの場合は、腕の内側あたりに試して「肌トラブルが起こらないか?」をチェックしました。

 

イオンエフェクターの使い方|スキンクリアで洗顔後に残った汚れをキレイにする

パッチテストが終わりましたら、早速イオンエフェクターを使っていきます。

イオンエフェクター(EH-ST31)の使い方

イオンエフェクター(EH-ST31)の使い方としては、最初に肌をキレイにするスキンクリアから始めます。

ヘッドの部分にコットンを取り付けて、コットンリングで固定。

イオンエフェクター(EH-ST31)の使い方、コットンリングを取り付けた様子

こちらがコットンリングを取り付けた様子。

イオンエフェクター(EH-ST31)の使い方、コットンに化粧水をしみこませる

その後、コットンに普段使っている化粧水を染み込ませます。

イオンエフェクター(EH-ST31)の使い方、モード選択

電源/モード選択ボタンを押して「スキンクリア」に合わせて設定完了。

イオンレベルは「弱」から試して、徐々に上げていくようにすると良いみたいです。

自分は「強」にしても痛みを何も感じなかったので、すぐに弱から中、そして強まで上げてしまいました。

あとはコットンを肌にあてていくだけでスキンクリアとなります。

 

ぶるっとした振動を感じながら顔全体になでるように動かします。

正直言って「これが何の意味があるのか?」と思っていましたが、毛穴に残った肌の汚れを引き出す効果を期待できるようです。

プラスとマイナスの電流が交互に流れてコットンに汚れが付着していくとのこと。

口コミを見てみると、「コットンが茶色くなった!」といった評判を見かけても半信半疑でしたが、自分の顔をスキンクリアした後のコットンを見てビックリ!まさにそれでした。

ちょっと汚くてすいません・・。うっすら茶色く小さな皮脂汚れが付着しています。

普段は化粧をしているわけでもないので、洗顔料で簡単に顔を洗っているだけなので汚れが吸着したのかな?と思いましたが、奥様のコットンもそれなりに色や汚れがついていたので・・「コットンに汚れが取れる」という効果は得られそうです。

電源をいれてから3分間が経過すると、自動的に電源が落ちるので、肌に負担をかけすぎないしスキンケア時間も分かりやすい。

また、肌検知機能が背面のイオンパネルについており、しっかりと握らないとヘッドが振動しないのも安心。

 

化粧水の保湿成分を肌の角質層まで届ける保湿モードの浸透力は凄い

電気浸透流(プラスからマイナスの電極に向かって発生する水の流れ)を利用し、肌に化粧水を浸透させることによって、
肌の表面ではなく角質層までしっかりと潤いを届けてくれる効果を得られるのがイオンエフェクターの保湿モード。

自分は普段、化粧水を手でパッティングしながら浸透させるようにしていますですが、このイオンエフェクター(EH-ST31)を使いながら保湿した後と比較すると、肌と手が吸い付く感じがします。

最初の一回目から結構な驚きがあったのですが、一番驚いたのは翌朝の肌の状態でした。

乾燥がひどかった朝の肌が潤っていたのです。そしてなぜか朝の洗顔がしやすい。汚れがしっかりと取れているからなのか、スルスルと洗顔料の滑りもよく泡立ちもがいい。

朝は忙しいので化粧水をパッティングするだけなのですが・・・、この時の化粧水の入り方も良くなった気がします。

数日間続けてみると・・・、奥様から「鼻の毛穴が小さくなった」と言われるようになりました。

いわゆるイチゴ鼻のようになっていた自分の鼻の毛穴は開きっぱなしだったのですが、確かに自分で見ても毛穴が小さくなっているので、これには驚きました。

 

イオンエフェクター(EH-ST31)の口コミのまとめ

奥様もイオンエフェクター(EH-ST31)を使い始めてからというもの、自分から見ても肌がキレイになっているように感じます。

肌がワントーン明るくなった印象があります。また、おでこの部分にできてしまっていた吹き出物あたり(吹き出物に直接イオンエフェクターを当ててはいけません)もキレイになっており、近いうちにキレイになるのでは?と感じています。

これからしばらくの間使い続けていくかと思いますので、自分の鼻の毛穴の状態や、奥様の肌の状態もまたビフォーアフターができれば良いかなぁと思います。

 

なお、今回紹介しているイオンエフェクター(EH-ST31)は、旧モデルとなっています。

最新モデルと比較すると価格が安かったこと、シンプルな機能で十分だったため、旧モデルを購入することにしました。

最新モデルの機能については、公式ページでチェックしてみてください。

矢印パナソニック:イオンエフェクター公式ページ

※あくまで個人の感想となります、その効能・効果を保証するものではございません。ご理解のほどよろしくお願いいたします。