column_hiyake3夏だけでなく実は一年を通して気を付けておきたい女性の天敵「紫外線による日焼け」

太陽光が発する紫外線に対して、しっかりとした対策・日焼け後のケアを行っていなければ、肌が黒くなるだけでなく、色素沈着やシミの原因にもつながってしまいます。

そんな日焼けに関する基本的な知識を、夏本番を迎えた今、海に行かれる方も多いかと思いますのでシェアしたいと思います。

日焼けした肌が痛い理由と日焼けの原因を知っておく

まず最初に知っておいてもらいたいのは、日焼けして肌が痛いという状態は「やけど」の一種であるということ。

赤く火照ってしまうだけでなく、熱を持ち、痛みが出ている状態は、肌にとって非常に良くない状態です。

column_hiyake5

紫外線にはいくつかの種類があります。

日焼けを起こすのは

  • 波長が長い紫外線「UV-A」
  • 中波長の紫外線「UV-B」

波長の長いUV-Aは、肌の奥底にある「真皮」にまで到達してしまい、コラーゲンやエラスチン等の肌組織にダメージを与えます。

中波長のUV-Bは、皮膚の奥にまでは届きませんが、肌の表面にあたる表皮に長時間当たってしまうと火傷のようにほてったり、痛みが出てくるようになります。

なお、この紫外線UV-Bを大量に浴びてしまうと皮膚がんの発生まで懸念されるので注意しないといけません。

 

以上のように、日焼けをすると健康的な見た目になれる一方で、リスクもあるのです。

TOMA

若いころは何も気にしないで日焼けしていたから、あとになって背中とかにシミが出来ていたりするんだよね・・・。皮がめくれた跡なのかわからないけど、まだらになっているところもあるし。。。日焼けは肌が弱い人にとっては本当に怖いよ。

BIANCA

日焼け対策を侮るなって、若いころの自分に教えてあげたい!シミだけじゃなく、黒子にも悪影響なんだよって。後で苦労しないためにも紫外線の浴びすぎには注意!

痛い日焼けをしてしまった時に直ぐに試したいケア方法

日焼けをして肌が痛い状態は、乾燥状態にありますので保湿をすることが大切です。

痛みと熱がある場合には水で冷やし、痛みが引いてきたら皮膚を保護するためのクリーム等で保湿します。

 

日焼けした後、肌の痛みやほてりがなくなってきたら「HAKU メラノクール ホワイトソリッド」でケアをするのもオススメ。

column_hiyake7

シミの悩みにつながりにくくすることが期待できますし、ひんやりとした使用感が気持ち良いと思います。

 

日焼けをする前にしておきたい対策(UVケア)

ここからは「日焼けする前」にしておきたい紫外線対策商品を紹介していきます。

column_hiyake6商品選びのポイントはSPF。

SPF(Sun Protection Factor)の高いUVクリームを肌に塗ることで、紫外線UV-Bをブロックすることができます。

思ったより厚塗りにしないと効果がないので気を付けなくてはいけませんが、数値を高いものにすることで薄付きでも効果を得やすくなります。

 

 

日焼け止めの普段使いにオススメなのは、朝専用の美容乳液「エリクシール ホワイト デーケアレボリューション C+ (SPF50+)」。

普段使用している化粧水の後に、日焼け止めや化粧下地として使えます。

1本で乳液、UVケア、化粧下地の3つの機能を兼ね備えていますので大変便利です。

 

海やプールなどの水場で使用する場合には「アネッサ パーフェクトUV アクアブースター」がお勧めです。

さらさらとした使用感でベタつきを感じずに使用できますよ。

汗や水に触れると、紫外線をブロックする膜が強くなる「アクアブースター技術」搭載。

と商品説明にも書かれているように、紫外線をブロックする力も強いですが、汗や水に強い日焼け止めになっていますから、海やプールに行かれる前に使用されるならピッタリです。

 

ただし、UVクリームを塗っているからといって炎天下で常に肌を露出しないこと、こまめな塗り直しが必要です。

わすれがちな日焼け部分 目の周り

耳の裏
うなじ
腕や脚の裏側
足の甲

 

なお近年注目されているPA(Protection Grade of UVA)も注目。

肌を黒く日焼けさせる紫外線UV-Aに対する防御指数をPAと言い、プロテクショングレードを意味します。

「+」の多さで強さが表示されるようになっているので、SPFと併せてチェックしてみましょう。

 

TOMA

男の人だと普段から日焼け対策なんてしてないかもしれないけど、実はやっておいたほうがいいんだよね。
ドラッグストアなんかに行って商品を見ても「SPFとかPA」という見慣れない文字が並んでて困ったよ。要するに数値が高くて+が多いものを選べば良い!と覚えておけば、すんなりとUV対策の商品を選べそうだね。

BIANCA

私も夏のスキンケア類は、SPFとPAが高いものを選ぶようにしてるよ。
夏の紫外線は年々強くなってる気がするし、シミ・シワ対策だけじゃなく、皮膚の健康のためにも気をつけるようにしたいね。