- PR -

ちゅらトゥースホワイトニングの広告

この記事では、家庭用脱毛器の“購入前に読みたいリアルな記事”として、
実際に脱毛器を購入したことがあるBiancaに、TOMAが
『脱毛器を購入する前に知っておきたい5つの事』をインタビューを実施した記事です。

kenon-kuchikomi
これから家庭用脱毛器を購入しようかと思われている方へ
参考になれば幸いです!
 

1.脱毛をしようと思った時に「家庭用脱毛器」を選んだ理由は?

TOMA

自分はこれまでの人生の中で「毛深い」と悩んだ事はなかったんだけど、

年齢を重ねるにつれて、顔に生えてきた産毛やヒゲ(バランスの悪い位置にポツリと生えたヒゲ)が多くなってきてね。
少しずつ悩むようになってきたんだ。
 
下手に毛抜きで抜いて処理をしていると「埋没毛」になったりして肌を痛めてしまうことも実際にあったし、
髭剃りも使い続けると肌が青くなるイメージがあるので、ちょっと抵抗も・・・。

BIANCA

男性のヒゲ剃りって毎日のことだし顔の印象を左右するもんね。
そう考えると、女性と同じようにムダ毛で悩んでる人多いのかも。

TOMA

そんな時に見つけたのが「脱毛エステ」と「家庭用脱毛器」だったんだよね。

僕の場合は、結果的に脱毛エステに行くのが恥ずかしいと思ってしまったので、家庭用脱毛器にしようかと落ち着いたんだけど、Biancaはなんで、家庭用脱毛器を選んだの?

BIANCA

最初は、友達に誘われて脱毛エステに通ったの。

脇だけなら・・っていう気軽な感じ。
でも行くたびに他の箇所も勧められて・・結局そこのサロンでは、顔以外ほぼ全身。
 
ほぼっていう理由は、細かく箇所が分けられてて、
例えば、足だと太もも、ヒザ、ヒザ下と3箇所に分けられる。
 
ヒザだけ断ったから真ん中だけボーボー(笑)
だってヒザだけで2万円追加されちゃうから・・まぁいいかって。

TOMA

なるほど、脱毛箇所を選べるのはメリットだけど、
後から増やすのはデメリットになるね。
最初から全身脱毛コースを選ばないとかえって高い、まばらにもなりそうだ。

BIANCA

そうなの、毛周期もあるから、脱毛箇所によってズレてくるし、サロンに通うスケジュールも合わなくなる。
毎回、だいたい4週間ごとに予約なんだけど、箇所によって違うから2週間に一度は通ってたかも。
もう煩わしくなってしまって・・途中でやめちゃった。
それに、そこで販売してる化粧品や美容コースのプチ勧誘を断るのも面倒だったし。

余裕があれば購入してたけど、ヒザやめたくらいだったから余裕はないわけで(笑)

TOMA

そっか(笑)時間とお金に余裕のある人ならサロンはいいね。
ちなみに、他のサロンへは通ったことある?

BIANCA

あるよ、顔と襟足だけで別のサロンにも通ったよ。

そこは、都度払いだったんだけど1回8,000円。
3回くらい通ってやめた。

まだ効果がでる前だったけど、顔だとノーメイクで電車に乗るわけよ、行きも帰りもどこにも寄れない。
施術だって顔と襟足だけだから、15分程度で終了。
なんか、これで8,000円は高く感じたの。
通う煩わしさと金額が見合わなく感じてやめてしまった。

TOMA

またかい(笑)
それじゃあ、体や顔の脱毛サロン通いはもうしない?

BIANCA

自分には、脱毛サロン通いは向いてないって2店舗目で気がついた。

それで、自宅でいつでも好きな箇所を好きなだけ照射できるのは家庭用脱毛器しかない!って思ってケノンを購入したわけ。

そしたら、もう時間も日にちも関係ない、気疲れなし、煩わしさゼロ!
2回挫折したからこそわかる、使い勝手の良さ。
それに、施術の仕方も家庭用脱毛器と同じだから、予習もできてムダではなかったよ。

2.自己処理脱毛ではなくて、なぜ家庭用脱毛器が良いのか?

TOMA

家庭用脱毛器を購入した場合、脱毛する期間や全身脱毛を考えると、金銭的にも安くなるしラクってことだね!

じゃあ、ちょっと質問を変えてみるけど、家庭用の脱毛器じゃなくて、自己処理ではだめだったのかな?
カミソリとか、毛抜きとか、ワックスとか色々とあるでしょ?

自分は「顔の脱毛」しか考えてなかったからあまり関係はなかったんだけど、全身の脱毛を考えた場合には、家庭用脱毛器じゃなくても、結構普通に自己処理で脱毛をしている人が多いんだよね?

そう考えると「わざわざ高いお金を出して家庭用脱毛器」を購入するメリットはあるのかなぁと思ってね。

BIANCA

自己処理は、10代の頃から始めてる人多いんじゃない?
私は、カミソリ、毛抜き、ワックス、クリーム、テープとあらゆる自己処理を経験してきたよ。
どれも一時しのぎで、1週間も経たないうちに生えてくる。毛抜きで脇を抜いてたときなんて、毛根に毛が詰まって化膿した・・思い出しても怖い。

TOMA

え!?化膿!それは、いやだな・・

BIANCA

脇は菌が繁殖しやすいから、毛を抜くのは危険だね。
それで・・剃る方向に変更したけど、夏は毎日剃るから大変。
脇だけならまだしも、腕や足、背中も処理しなきゃいけない。脇以外なら7日ごとかな。水着なら露出する箇所はすべて処理。

体だけじゃないよ、顔も。うぶ毛とはいえ、口周りがヒゲみたいに気になるし。メイクノリも変わってくる。
くすんで見えるのよ、顔のうぶ毛って。

TOMA

なるほど・・自己処理だと処理する期間が短いし、箇所が多いと大変なんだね。

BIANCA

それだけじゃないよ、剃る・抜くを繰り返すうちに、黒ずみの原因になるんだよ!
肌の防衛本能が働いて、刺激から肌を守ろうとメラニンが活発になって黒ずみになるんだって。

TOMA

自己処理だと、肌への刺激が頻繁だから黒ずみだけじゃなく、肌も荒れそうな気がするけど?

BIANCA

黒ずみや肌荒れは、自己処理の方法にもよるけど、頻度の問題もあると思う。
そうやって、女性はずっと何年もムダ毛と闘って生きてきてるわけよ。
大人になったら、やっぱりラクな方法を選択したい、自己処理の面倒から解放されたいと願うものよ。

だから、高いお金を出してでも脱毛器を購入するわけ。
だって、剃る・抜くよりも、肌のすべすべ感がまるで違うもの!
それに、続けるほどにムダ毛が確実に減っていくから、あれこれ買うより実はコスパはいい。
もうムダ毛で悩んだ長い日々とはさようなら〜

 3.家庭用脱毛器も沢山種類があるけど、どうやって選んだの?

TOMA

そっか、じゃあ脱毛を定期的に処理したい人にとっては家庭用脱毛器が家にあるのは、金銭的にもメリットがあるし、自己処理による煩わしさや失敗なども防げるから一石二鳥になるわけだね!

じゃあ次の質問だけど、「脱毛器」って一万円程度で購入できるものもあれば、10万円近くするような脱毛器もあるじゃない?

その差はどう考えればいいのかな?

BIANCA

価格で選ぶというより、自分が一番重点を置いてるところはどこか?で探せばいいんじゃないかな。

1万円程度の脱毛器は、照射回数が少ないとか日本製じゃないとか価格を抑えられる理由があると思うわ。

TOMA

自分も脱毛器の購入を検討しているときに、色々と気になったから調べてみたんだけど、比較表にしてみないとわからないくらい調べたいポイントって脱毛器は多いよね。

  • 価格
  • 照射面積
  • カートリッジの価格
  • 販売元(信頼)
  • 口コミの良さ
実際、自分が比較検討した上で一番気になったのは、家庭用脱毛器「ケノン」なんだけど、自分の家の近所にあるビックカメラには売ってなくて、実物を見ることができなかった・・。そこがネックにだったんだよね。

BIANCA

言われてみればケノンって家電ショップで見たことないかも。他の脱毛器は見かけるよね。

TOMA

一般的な家電ショップで販売されている家庭用脱毛器でいうと、僕が聞いた限りでは「ヤーマン」が販売するNO!NO!HAIRなどが売れ筋商品ということだったんだけど、なんでBiancaはケノンを選んで購入したわけ?
実物も見てなかったんだよね?

BIANCA

そうだね、実物を見ないで購入したわ。高いお買い物なのに(笑)

私は、全身脱毛ができることが一番重視したポイント。
腕や足はどの脱毛器でもできるけど、顔脱毛ができる脱毛器は少ないからそこが選んだ大きい理由のひとつ。

それにデリケートゾーンがOKなのも大きな魅力。まさに全身OKな脱毛器がケノンだったの。

TOMA

全身脱毛なら他の脱毛器だってあるんじゃない?ケノンにしたのはなぜ?

BIANCA

いろいろあるけど。え〜っとエステサロン並に照射範囲が広いこと。
狭いと何度も打たないといけないし、まばらになるの。

照射回数も切れる心配がないくらい数十万回打てるし、脱毛カートリッジが取り外しできて、使い分けできることも衛生的で良かった。顔とアンダーゾーンは使い分けたいでしょ(笑)

あと、照射強度も10段階で変えられるから、照射箇所によって細かく調整できるところもいい。指とか、口周り、うなじは弱めに設定すれば、痛みも全くないし。

ついでに美顔器も付いてたし、日本製ってところも重要だった。

だから、ほんとにエステサロンと変わらない機能が付いてるなって思ったから選んだの。

TOMA

なるほど、エステサロン通いでの経験が選ぶ理由にもつながってるんだね。初めての人だと、照射の広さや強弱がなぜ必要なのか、具体的には分からないから。

ちなみに、僕が気になっていた家庭用脱毛器は、下に脱毛器比較として載せてみたよ。

2016年版!新型「家庭用脱毛器」一覧

自分が検討していたころに比べると、ほとんどの家庭用脱毛器のマシンの性能があがっているように感じます。

脱毛器として検索をかけると『全身脱毛』ができるものもあれば、ノーノ―ヘアスマートのように「顔は使用しないで!」と書いてあるものがありますが・・・これから脱毛器を購入しようかと思っている人にとっては、迷うところなんですよね。

さらにケノンのように、全身脱毛+美顔器がついて、単純に脱毛だけの性能ではない脱毛器が販売されているのでより一層迷うところですね。
何を脱毛器に求めるのか?を決めておけばスムーズに選べるのではないかと思います。

  • 脱毛機能だけで良い
  • 脱毛機能でも全身脱毛でないとダメ
  • 脱毛機能+美顔器 等

というわけで、個人的に気になっていた家庭用脱毛器を一覧で紹介します。

kenon-kuchikomi2

脱毛器比較

脱毛器の名前 販売価格
ケノン
ケノン

 69,990円(税込み)
※メーカー希望価格98,000円

矢印ケノンの口コミはコチラ

ノーノ―ヘア
ノーノ―ヘア

 28,381円(税抜き)

※男性用のノーノ―フォーメンなどもあります。ノーノ―ヘアシリーズは脱毛器の中では安価な価格設定ですがメンズ用以外は顔の脱毛が出来ません。

センスエピ
センスエピFG Deluxe

センスエピFG Deluxe:29,800円(税抜き)
センスエピG:19,800円(税抜き)

※鼻から上はNG。

トリア
トリア
トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X:54800円(税込み)

※顔脱毛OK。

エピナード
エピナード
59,000円(税抜き)

※顔脱毛はできません。

光エステ光エステ  9,890円(税込み)

※価格の一番安いものは、顔脱毛はできません。

4.夏に向けて脱毛器を使う人も多いけど冬も重要?

TOMA

家庭用脱毛器もそうだし、脱毛エステもだけど、夏に向けての需要がやっぱり高いと思うんだけど、実際にケノンを使っている時は夏も冬も使ってた?

自分なんかは「男のヒゲ」を気にしていたから、年中脱毛器を使う機会はあると思うけど。

肌の露出が気になる女性の場合には、春夏がメインで、あとはさほど使わないのかな・・・なんて思ったりするんだけど、どう?

BIANCA

夏に使い始めたら遅いよ、毛周期があるんだから。

1回照射したら2〜3週間置いて、再度照射する。それを数回繰り返すうちに、徐々にムダ毛が目立たなくなるんだよ。
肌を露出する季節以外に、始めるのがセオリーだね。

顔や指毛など、季節が関係ない箇所は、気になったら照射する感じでいいと思う。

永久脱毛ではないので、照射をやめて数ヶ月〜1年くらいでまた生えてきちゃうから、自分に合った脱毛リズムで続けるのがいちばんだよ。
そのうち、なんとなくわかってくるから大丈夫。

5.女性用とか男性用とかの違いはあるのかな?恋人と共有できる?

TOMA

家庭用脱毛器というと、どうしても女性向けの商品が多いよね。

だからってわけじゃないけど、男の自分からすると「どれを選べば良いか?」が最初は全然わからなかったんだ。
でも、調べている内に脱毛できる照射パワーが弱かったりすると「ヒゲの脱毛」が難しいという事がわかって、結果的には男性にも支持されているというケノンがいいのかな?と思ったわけ。

BIANCA

家庭用脱毛器といえば、女性向けだもんね。
男性のヒゲや体毛も、女性のムダ毛とは違いすぎるからパワーが必要ね。

TOMA

さらに調べていくと「カートリッジ」を変えることができる脱毛器の場合には、家族や恋人とも共有することができるってことがわかったんだよ。

個人的には、どの脱毛器も興味があって、それぞれ良いところがあると思ってるんだけど、家族や恋人と共有して使える方がいいよね?
Biancaの家族は使ったりした?

 
実は痛みには男性のほうが弱かったりするので、痛がったりしてなかったかな?

BIANCA

最初は、めちゃ怖がってたよ(笑)
男性は痛みに弱いというより、必要以上に怖がると思う・・。照射のフラッシュでビビる(笑)
照射の前に、覚悟がいるみたいね。

おそらく、男性の毛のほうが太いので、光が反応しやすい。だから痛みが強く感じるんだと思うよ。

とはいっても、実際はゴムでパチンとされるくらいの痛みだよ。
ケノンは照射出力レベル1〜10まで選べるから、最初はレベル1から始めれば全く痛くないよ。
痛くないと分かれば、自分で徐々にレベルを上げていくだけ。

家族と使えれば、さらにコスパがいいからおすすめだよ。

 

まとめ

家庭用脱毛器は決して安い買い物ではありません。
 
しかし、
マッサージチェアのように家電量販店でお試し・・・と言う事も出来ない商品です。
 
だからこそ、
より購入前に知っておきたい情報をインタビュー形式にして「記事にてお届けしてみたい」と思い企画してみたのですが、いかがでしたでしょうか?
 
このインタビュー記事が、家庭用脱毛器を購入するにあたって参考になれば幸いです。
 
家庭用脱毛器ケノンの口コミは「ケノンの口コミ!顔脱毛&美顔でシミのないツルツル素肌に変身しましょう」をご覧ください。